【BTS】Skit: On The Start Line でRMが語っていたこと

K-POP
スポンサーリンク

BTSの1stミニアルバム『2 Cool 4 Skool』の隠しトラック『Skit: On The Start Line』では、

リーダーRMが練習生だった頃に経験したアイデンティティの危機や、BTSとしてデビューしようとしていた時の心境を語っています。

2017年には、アルバム『Love Yourself: her』の『Sea』という隠しトラックがリリースされていて、この曲のフォローアップをしているといわれています。

スポンサーリンク

スピーチの内容

ア、ア、

練習生。

ある意味 僕自身が何にも形容できないというか

どこかに属しているわけでなく

だからと言って何かをしているわけでもない

そんな過渡期

僕は練習生の身分で生きいて最も辛かったのは

いつデビューするのか?という、親戚や友人からの言葉

なぜなら僕自身が知らなかったし、知ることができなかったから

 

自信をもって、確信をもってここに来たが

僕を待っていたのは全く違った現実だった

3年が過ぎた今でも、僕がデビューすれば歌謡界を征服してしまうだろう、できてしまうだろうと

そういった確信を探そうとするが

いざPDさんや先生方に叱られると、僕には本当に何も無いなと

本当にただのホコリのような存在でしかない気持ちになった

 

目の前に青い海が広がっていても

振り返れば荒涼とした砂漠が僕を待っているような気持ち

 

本当にそのような砂時計のような気持ちの中で

僕は練習生の3年間を過ごした

そして僕は今、デビューを控えている

 

デビューしても おそらく、他の海と砂漠が僕を待っているのだと思う

でも、恐れはない

なぜなら、今ここにいる僕を作ったのは、今この瞬間に見ている海と砂漠なのだから

 

これまで見てきた海と砂漠を 決して忘れないだろう

僕は練習生だから

[adchord]
K-POP
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
こけしまをフォローする
スポンサーリンク
KOKELOG.

コメント