BTS『IDOL』-誰にもこの自己愛を止められやしない

K-POP
BTS (방탄소년단) 'IDOL' Official MV

アルバム『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』で初めて収録・公開された楽曲『IDOL』。

アルバムのコンセプトに沿ったリード曲でありながら、BTSの意思・決意を強く表明しているメッセージ性の強い楽曲に仕上がっています。

 

IDOL というテーマ

Hiphopというジャンル、ラッパーというバックグラウンドを持つRM(Sugaも同様でしょう)は、エンタテインメント会社に所属してアイドルグループの活動をするという、
一部の人間から見ると “筋の通らない” 人物に見えていたかもしれません。批判もあったでしょう。

しかし、BTSは多くの楽曲の制作に関わっていて、表現しているものは 誰かから押し付けられたものではありません

RMは、2015年のミックステープ 『Awakening』 にて以下のように歌っています

Every night inside me I quietly fight with myself
My heart pounds, my colleagues stab me in the back
While saying that I became a moron after joining a company
Yeah fuck you I’m an idol, yeah yeah I’m an idol
At one time I hated it but now I love to get that title.

毎晩 俺は自分自身と戦っている
心が押しつぶされそうだ 同業の奴らは背中を刺してくる
会社に入って俺はおかしくなっちまったって言ってるが
うるせぇ そうだよ俺はアイドルさ そう アイドルなんだよ
前までは聞くのもウンザリだったが 今ではもう大好きになった

自分が選んだ道は、必ずしも皆から称賛で迎えられるわけではありません。
批判、皮肉、自己嫌悪、自虐、自責、同族嫌悪…

様々な感情が頭を悩ませる事があったでしょう。

音楽業界に属する事によっては、’この音楽をやるならこのスタイルでないといけない’ といった融通の利かない、非合理な ‘社会通念’ が彼(彼ら)の創造性を圧迫することがあったかもしれません。

アルバム『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』のコンセプトアートの一種は、メンバーが監視カメラや人の目、手に囲まれたものでしたね。

自分は自分、それだけのこと

アーティストと呼んだっていい
アイドルと呼んだっていい
他の呼び方だっていいさ  こっちは気にしないから

誇りに思ってんだ
俺は自由さ
皮肉言ってどうなる
俺は俺、ただそういうことなんだから

彼らの活動や彼ら自身は、何かにカテゴライズされなければいけないものではなく、そうする重要性などもない。ただそうしたい者が勝手にすればいい。

 

後ろ指さしてるだろ 悪いが全く気にしちゃいない
俺についてあぁだこうだいう理由が何であれ

俺が何者かは知ってるし
何を欲しているのかも知ってる
変わる気はないし
お前らに売り渡したりなんかしない
(失せな)

これはダイレクトにヘイター(アンチ)への意思表明です。

I never gon’ trade の ‘trade’ は商売とか交換、取引といった意味ですが、
文脈からして取引の対象となっているのは「俺自身」ということ。
つまり、物理的な体ではなく、信念、価値観、才能、創造性といったあらゆる「自分」のことを指していると思います。

続いて、“Trade off~!!” と叫んでいる部分。ここの解釈は人それぞれだったでしょう。

  • トレードオフ(=相殺取引、妥協点、二律背反)
    もとは経済学用語で、何かを増やすためには何かを減らさなければいけないとか、何かを得れば何かを失うといった意味。すべてを上手く行かせることはできず、妥協点が必要となる場面というのは人生の中で多くあります。
  • Trade が Off だ(=取引しない、交渉の余地なし)
  • fu*k off(=失せろ)のつもりで言った説も
    「取引しない」 「俺自身を売り渡す気なんかない」という意思から少し飛躍した解釈になりますが、拒否する行動としては「fu*k off! =失せろ!」という叫びにも聴こえる?
    もし本気で怒りを表現したいとしても、BTS名義として出す楽曲については ‘Fワード’ や放送禁止用語は使えないでしょう。

今回、僕は文脈から「失せな」と訳しました。

彼らのことですから、あらゆる意味が込められていておかしくはありませんね。

自分がすべきことをする

何をごちゃごちゃ言ってるんだ
俺は俺がすべきことをする
お前らはまず自分のすべきことを考えることだ

You can’t stop me lovin’ myself
(お前には俺の自己愛をどうにかできやしない)

人がどう言おうが、自分の進む道を邪魔させてはいけません。

MIC DROP でも似たようなフレーズがありましたね。
人に対してああだこうだ言う前に、自分を省みろ、と。

Haters gon’ hate
(アンチはずっとアンチやってろ)
Players gon’ play
(遊ぶだけの奴はずっと遊んでろ)
Live a life, man
(お前の人生を生きろよ、なぁ)
Good luck
(じゃあな)
     -『MIC DROP』より

アンチに対する怒りに任せたアンサーではなく、皮肉でもって答えています。

誰にもこの自己愛をどうにかできやしない

オルッス チョッタ!
(얼쑤 좋다=そーれ、いいぞ!)
ジファジャ チョッタ!
(지화자 좋다=よっしゃ、いいぞ!)

You can’t stop me lovin’ myself
(お前には俺の自己愛をどうにかできやしない)

ドンキドッ クンドロロ
(덩기덕 쿵더러러=太鼓の音、拍子)

掛け声はパンソリで使われる言葉、太鼓の表現はサムルノリで使われる言葉のようですね。

パンソリは、一人の歌い手がストーリーを語るように歌い、一人の太鼓(チャング)奏者がリズムを演出するスタイルの韓国の伝統芸能。


image: wikimedia.org

サムルノリは、韓国の伝統音楽。
youtubeなどでたくさん見られる通り、打楽器を中心とした賑やかな音楽です。

 

BTSが言う二面性

Face off  ジョン・ウーのように ay
スポットライト浴びるトップスター ay
時にはスーパーヒーローになる
また回れば  君たちのアンパンマンのように

「Face off」 は、ジョン・ウー監督の映画の参照ですね。
ストーリーの概要としては、FBI捜査官の主人公が宿敵テロリストの顔を自分に移植して… という話です。
また、同じくジョン・ウー監督のヒット作「ミッション:インポッシブル2」でも顔を脱ぎ捨てるシーンがあります。

J-hopeはこの映画を引用し、BTSの二面性を表しています。
スーパースターとしてのBTS、みんなのヒーローとしてのBTS。

Anpanmanという曲ではヒーローとしてのBTSの心境が語られています。

BTS『Anpanman』倒れそうでも皆のヒーローでありたいBTSのアンセム
BTSの人気曲の一つである『Anpanman』。 オフィシャルなMVはありませんが、上のライブ映像は5,600万回に迫る再生数を誇っています(18年10月現在)。 今回は、その楽曲の内容を少し見ていきましょう。 ...

映画が気になる方のためにリンクも張っておきました。
年齢制限のない、アクション映画です。
↓画像クリックでどうぞ。

 

24時間は短すぎる
迷ってる時間なんかない
やるべきことをやる
自分自身を愛するべきなんだ

俺の中には何十、何百の俺がいて
今日も新しい自分を迎え入れている
とにかく全部俺だから
迷うより ただ走れ

まず向き合うべきなのは自分。

ここの最後の行は『悩むよりGo(GoGo)』を思い出させるフレーズですね。

伝えたいことは、YOLO(You only live once=人生は一度きり)

 

この瞬間が幸せならば

I’m so fine wherever I go
(どんな道を選択しても平気)

たまに遠回りしたって

It’s okay, I’m in love with my-my myself
(大丈夫 自分自身が大好きだから)
It’s okay, I’m happy at this moment
(大丈夫 この瞬間が幸せなんだ)

このあたりは、彼ら自身の率直な想い、そしてファンやリスナーへの純粋なメッセージです。

人生は常に目標を追いかけたり、常に課題を解決しながら進まなければいけない訳ではありません。
今現在の自分の姿をしっかりと愛してあげて、楽しむのが人生。

Paradise』でも次のように歌っていましたね。

マラソンのように
長い人生  焦らずいこう

息がこみ上げて 苦しくなった時
止まったって 構わないんだ
     – アルバム『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』収録『Paradise』より 

 

K-POP
スポンサーリンク
シェアする
こけしまをフォローする
KOKELOG.

コメント